食品残さの飼料化
当社が飼料化を選択する理由の一つは「もったいない」です。高栄養価を含んだ食品残さは、分別・再利用することで、高品質の乾燥飼料に生まれ変わります。飼料の主原料であるトウモロコシ等のほとんどを輸入に頼っている我が国は、バイオ燃料普及の加速化により、トウモロコシや大豆、小麦等の飼料原料が不足しています。この傾向は、今後益々顕著になってきます。それに対し寄与できるのが、食品残さの飼料化です。

食品リサイクル循環型社会を目指して
当社は、食品関連事業者より今まで産業廃棄物として廃棄されていた食品残さを回収し、これらを飼料原料として再生する食品リサイクル企業です。従来の廃棄物の中から、再生利用可能な物を再生資源として有効利用し、食品リサイクル循環型社会の構築を目指しております。

工場全景

養豚飼料

養鶏飼料

飼料